化学流産のあとは妊娠しやすい?私の体験談

この記事は、出産1年前に化学流産をしている私の経験談です。

当時はショックを受けて、とにかく化学流産について、ネットで調べまくりました。そんな時に、色んなの方の体験談を見て、気持ちを落ち着かせることができました!
同じように誰かの役に立てば、幸いです。

化学流産とは?

検査薬等で妊娠反応が陽性と分かった後、胎嚢(たいのう)が子宮に確認されないまま、数日後に生理が起こることです。血の塊が出ることがありますが、普通の生理とあまり変わらないので、気づかない人もいるようです。

胎嚢(たいのう)とは、おなかのなかで赤ちゃんを包んでいる袋のことを言い、エコー検査で確認できます。

体験談

検査薬で陽性反応

私の場合も、早めにフライング検査をしたことで妊娠が発覚しました。生理予定日1週間後すぐに使うと、うっすら陽性反応が!

大喜びで、その週には産婦人科へ行きました。

そこで先生からは、
「まだ赤ちゃんの心拍が確認できないから、もう少し経ったらまた来てね。」
と言われました。

心拍が確認できるのは妊娠7週目頃(生理予定日から3週間後)からみたいですが、個人差があるので、そんなに心配していませんでした。

突然の出血

産婦人科でみてもらってから約1週間後の夜、突然お腹が痛くなりました。

大き目の血の塊も出たため、これはもしかして流産かも?と思うぐらい、強い痛みでした。でも、そう思ったのは検査が陽性だったから。もともと生理痛が重い方なので、もし検査薬を使っていなかったら、気づかなかったと思います。

再度エコー検査へ

その後も生理と同じような出血が続いていたので、2日後に再度エコー検査をしに行きました。予想はしていましたが、全く胎嚢が見られないということで化学流産という診断でした。

でも、「1度化学流産があったからといって、妊娠できない訳ではない。気にしなくていいよ!」とハッキリ言って下さいました。

また、出血がずっと止まらないようなら再度検査、必要に応じて手術もあるようです。私は、何もなかったので再検査等はしませんでした。

周囲への連絡

これが一番辛いですよね。私の場合は夫の他に、自分の家族・義両親・親しい友人に話してしまっていたので、気を遣わせてしまい申し訳なかったです。

まさか自分が流産なんて思いもしなくて、つい嬉しくて話してしまいました。けど、やはり母子手帳をもらうまでは、話す人を留めておくべきだったな~と反省しています。

化学流産のあとは妊娠しやすい?

医学的根拠はないようですが、化学流産のことを調べるとこの言葉をよく見かけます。私は、希望も込めてこの言葉を信じていましたが、実際にその通りになりました。スケジュールはこんな感じで、約1年後に出産することができました。

2018年3月末   化学流産
2018年11月     妊娠発覚
2019年5月末   出産

まとめ

・検査薬はあくまでも妊娠の目安である
・化学流産は気づかない人もいる
・周囲への妊娠報告は母子手帳を貰った後がベター
・化学流産のあとも妊娠できる

今回は、個人的な経験をまとめてみました。個人差がかなりあると思うので、参考程度にして下さい。

Source: 転妻の育児LIFE

最新情報をチェックしよう!