【コロナ】世界各国の患者数の数勢

3月2日時点の状況をまとめていましたが、3月7日で既にさらに世界各国の患者数の増え方が凄いことになっていました

 

各国の患者数の動向

f:id:twinsdays:20200307044022j:image

f:id:twinsdays:20200307044059j:image

前回韓国、イタリア、イランの増え方が激しいとお伝えしていましたが、3カ国とも大きく増加しており、特に韓国は6,593人と断トツに増加し、イランも4,747人とイタリア4,636人を抜かす勢いとなっています

 

また前回は日本より人数の少なかったドイツ、フランス、スペインが日本の人数を追い抜かす勢いとなっています。

 

アメリカも256人と日本に近づいて来ています。

 

世界のの増え方が1、2月の中国湖北省の増え方とほぼ同じ

f:id:twinsdays:20200307044746j:image

赤い棒グラフを見てもらうと、1月から現在までの1日辺りの世界のコロナ患者数の棒グラフとなっています。

序盤の増加は主に中国、特に湖北省の患者数の増加となっています。

2月末からいったん落ち着いたところからまた増え始めていますが、最近は中国の新規患者は落ち着いてきているので、中国以外の国での新規患者を表しているといっていいと思います。

現在の増え方が当時の武漢の増え方と似てきているので、これからまだまだ一気に患者数が増えてくることが考えられます。

 

日本の状況

日本でも、これまで検査体制が整っていないと報道がありますが、昨日あたりから1日約4,000件検査を実施していると報道がありました。そのせいか、6日はだけで日本で新規患者は56人ほどになっていたと思います。検査が増えることで発見される患者は増えて行く流れになると推測しています。

f:id:twinsdays:20200307050705p:image

Source: *双子姉妹パパの子育てブログ*

最新情報をチェックしよう!